産業用太陽光発電、業者を選ぶポイント

産業用太陽光発電、業者を選ぶポイント

産業用太陽光発電を設置しようと考えたとき、どんな業者に頼むのが良いのでしょうか。

住宅用と違って規模も大きいので、当然ながら工期も費用もかかります。

そして長く設置されるものですので、業者との付き合いも長くなります。

取り扱っている業者は大きな会社から小さな会社まで様々あり、どこに頼めばいいか迷ってしまいますが、失敗しない業者選びのポイントをいくつか挙げてみましょう。

まず最初のポイントは、施工実績が豊富かどうかです。

もちろん、実績の少ない会社が全て良くないかといえばそんなことはありませんが、どこに頼んでいいかわからない、といった場合には実績が豊富なほうが、工事の不備や失敗といったリスクを軽減することができるかと思います。

二番目のポイントは、複数のメーカーを提案できるかどうかです。

業者の中には、一つのメーカーを専門に扱い、その分低価格で提供しているところや、複数のメーカーを取り扱って幅広く提案するところがあります。

産業用太陽光発電は設置面積も大きくなるので、複数で比較検討できるほうをおすすめします。

三番目のポイントとなるのは、アフターサービスの充実度です。

産業用太陽光発電は、設置して終わりではなく、稼働してからが本番といえます。

ソーラーパネルは20年近く使用しますし、屋外に設置するものなので、自然災害による破損や故障が発生する可能性もあります。

定期点検はもちろん、そういったトラブル発生時に、どれだけ迅速に、きちんとに対応してくれるかも重要なポイントといえるでしょう。

ソーラーパネルのメーカー保証は、保証期間や保証の対象がどこまでカバーされているかなど、細かい部分までよく事前に確認しておく必要があります。

設置工事に対する保証も同様です。

このように、設置後も何かと業者とのやりとりは続きますので、長きにわたって信頼関係を築けるような業者に任せたいものです。

こちらの疑問に丁寧に回答してくれたり、必要な事柄はきちんと説明するなど、誠実な対応をしているかどうかをしっかりと見極めましょう。

せっかく高い費用をかけて産業用太陽光発電を設置するのですから、後で後悔しないようさまざまな側面からチェックしましょう。