産業用太陽光発電の収益性を高めるには

産業用太陽光発電の収益性を高めるには

高い単価で、20年という長期にわたって買取保証される全量買取制度への移行をきっかけに、資産活用、投資目的としての産業用太陽光発電が注目されるなか、気になるのはその収益性です。

安定した収益が見込める事業とはいえ、産業用太陽光発電は決して安いものではありません。

収益を上げるためには、いかにいいものを安く仕入れて、安いコストで運用できるか、という点に尽きるかと思います。

いいものとは、十分な発電量を長期間生み出せる、効率の良いシステムといえるでしょう。

こういったシステムをいかに安く仕入れるかが最初のポイントです。

一括見積のサイトなどを積極的に活用して、複数の業者で比較検討しましょう。

机上のやりとりだけでなく、現地調査も行ったうえで詳細な金額を出してもらうと、より比較しやすいかと思います。

また、一見安く見えても、モジュールやパワコンなど設置機器の機能の差が金額の違いとなっている場合があります。

今後の発電量に差が出てきますので、そのあたりも考慮しながら検討を進めましょう。

イニシャルコストを安く抑え、無事設置することができたら、次はランニングコストを抑えることが高収益への分かれ道となります。

住宅用と違って産業用太陽光発電は規模も大きいので、発電量の良し悪しが電気代の収入に大きく影響します。

発電量を上げる、あるいは落とさない工夫が大切なのです。

基本的には太陽光発電はメンテナンスフリーなのですが、産業用太陽光発電の発電量を上げるためには、積極的なメンテナンスを行ったほうが得策でしょう。

ソーラーパネルにコーティング剤を塗って汚れをつきにくくしたり、季節に応じてパネルの向きを変えるなどして、発電のロスができるだけ少なくなるように気を付けないといけません。

もちろん、機器を万全の状態に保つという点で、発電データの日常的なモニタリングや、定期的な機器の保守点検も欠かせません。

万が一故障や破損があった場合の対応や、保証内容についても設置前によく確認しておくことで、ランニングコストも最小限に抑えることができるでしょう。